◇本件に関するお問い合わせ先◇


丸紅情報システムズ株式会社

製造ソリューション事業本部 計測製造ソリューション部

GOM カンファレンス担当


TEL: 03-4243-4141

Mail: gom_conference@marubeni-sys.com

▽▽ 前回GOM Conference 2015の様子 ▽▽

プログラム 12:15 開場13:00 開会/18:00 閉会(予定)


開催概要

本イベントは日本国内のGOMユーザー様と、GOM製品をはじめとした3D測定機器の導入を検討されているお客様が一同に会し、製品・技術動向の学習や技術交流を図って頂く為の場となっております。

▲ホールでのプレゼンテーション
▲懇親会
▲実機を使用したライブデモンストレーション(ARAMIS)
▲実機を使用したライブデモンストレーション(ATOS)

オプションツアー:株式会社トピア様工場見学(希望者のみ)

先般トピア様にご導入頂いたGOM社自動測定機:ATOS ScanBoxの最上位システムを見学!


日程:2017年11月10日(金)09:30~18:15


工程:名古屋駅集合 ⇒ 鈴鹿サーキットへバス移動 ⇒ 昼食(ビュッフェ) ⇒ トピア様へバス移動 ⇒ 工場見学 ⇒

     名古屋駅へバス移動 ⇒ 名古屋駅にて解散 ※工程詳細は決まり次第、ご参加者様へご案内致します


会場:株式会社トピア http://www.u-topia.co.jp/

     〒513-0031 三重県鈴鹿市一ノ宮町1477-1 ≪map≫


定員:60名(事前登録制/参加費無料/昼食付) ※申込みは10/20 17時をもって受付終了致しました

  

日程:2017年11月9日(木)13:00~18:00


会場:ミッドランドホール ≪map≫

     〒450-6205 愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
         ミッドランドスクエア オフィスタワー5F

定員:250名(事前登録制/参加費無料)

参加対象:現在GOM製品をご使用されているお客様
        今後3D測定機器の導入をご検討されているお客様
               ※競合社のご参加は遠慮させて頂いております
※本イベントは定員以上のお客様よりお申込みを頂き、大盛況の中閉会させて頂きました。

13:00 開会挨拶


13:05 GOMグローバルネットワークと今後の展望


13:25 GOM最新ソフトウェア情報のご紹介


13:35 ユーザー様ご講演①

      三菱日立パワーシステムズ精密鋳造株式会社

      技術部 寸法金型技術グループ/舘野 雅至様

      『ATOS ScanBoxの導入と活用事例』


13:50 ユーザー様ご講演② 

      ブラザー工業株式会社

      製造センター 技術開発部/磯谷 潤也様

      『ブラザーにおけるATOS活用とグローバル展開』


14:05 休憩


14:15 スモールパーツおよび高精度に対応したATOS最新機種のご紹介


14:25 ユーザー様ご講演③

      株式会社ジーシー

      オーラルヘルスケアサービスセンター CAD/CAM加工センター担当
      島村 直起様

      『ATOS利用における歯科インプラント治療成功の貢献』


14:40 高解像度、高フレームレートを両立したARAMIS最新機種のご紹介


14:50 ユーザー様ご講演④

      京都大学大学院工学研究科建築学専攻

      荒木 慶一様

      『新しい形状記憶合金構造部材の開発とARAMISによるひずみ計測』


15:05 ユーザー様ご講演⑤

      しのはらプレスサービス株式会社

      品質保証部/杉山 竜様

      『プレスメンテナンスに於けるATOSの活用』


15:20 コーヒーブレーク&機材展示・ライブデモンストレーション

      ライブデモ① Coreからはじめる設計解析志向の3D計測
      ライブデモ② 新機種ATOS Capsuleを用いたライブ機能検査
      ライブデモ③ 工数削減につながるVMRの最新機能/事例のご紹介
      ライブデモ④ ATOSのよくあるご質問への解説&2017新機能



17:05 車両全体計測に関してのGOMの取組み及び海外事例ご紹介


17:15 ユーザー様ご講演⑥

      スズキ株式会社

      生産技術本部 第四生産技術部 機種統括課/岩下 一晶様
       『ATOSを活用した車両外観評価業務の改善』


17:30 ユーザー様ご講演⑦

      株式会社トピア

      品質保証部/吉富 昌和様

      『車体試作部品における品質F/Bサイクルの改善


17:45 閉会挨拶


18:30 懇親会(希望者のみ)


※プログラムや講演タイトルに関しましては、今後変更となる場合がございます


※GOM社英語ページへリンクします
※ダウンロードの際には、ID登録が必要です